最大ペイロードは135キロ!ノルウェー企業が世界一の業務用ドローンを発売

2019年10月28日

管理人のイエイリです。

工事現場での空撮や測量でおなじみのドローン(無人機)は、輸送できる荷物の荷重(ペイロード)が数キログラムのものがほとんどです。

ところが、ノルウェー北部のシッキルヴェン (Sykkylven)に本拠を置くグリフアビエーション(GRIFF Aviation AS)は、“世界で最も重いものを運べる”業務用ドローン「GRIFF135」を発売しました。

世界で最も重いものを運べる巨大ドローン「GRIFF135」(特記以外の写真:GRIFF Aviation AS)

世界で最も重いものを運べる巨大ドローン「GRIFF135」(特記以外の写真:GRIFF Aviation AS)

飛行中の様子

飛行中の様子

同社のプレスリリースによると、最大ペイロード は

ナ、ナ、ナ、ナント、

135キログラム

という、これまでの常識を越えたパワーなのです。(GRIFF Aviation ASのプレスリリースはこちら

写真右はGRIFF社のCEO、レイフ(Leif)さん、左はノルウェー政府の大臣、ロドリゲス(Rodoriges)さん

写真右はGRIFF社のCEO、レイフ(Leif)さん、左はノルウェー政府の大臣、ロドリゲス(Rodoriges)さん

上の写真に写っている右側の人は、GRIFF社のCEOを務めるレイフさんで身長190cm、左側はノルウェー政府の大臣を務めるロドリゲスさんで身長175cmです。

一般の工事現場で使われているドローンと、いかに大きさが違うかに、驚かされます。現時点では、日本国内ではGRIFF135は通常のドローンの規制範囲で飛ばすことができるとのことです。

飛行に使用するフライトコントローラーは、ボーイング社やエアバス社で使われているものと同じで、あらゆる任務を完全自律飛行で行うことが可能です。

用途としては、建設工事全般のほかダム工事や送電線工事、さらには農業や消防、レスキューなどを想定しています。これまでヘリコプターやクレーンで行ってきた作業をドローンに置き換えることで、コストダウンや安全性を高くすることが期待されます。

同社は既に、世界中の建設会社や電力会社などと契約を行っており、産業用ドローンとして一般的な機体になっていきそうです。

GRIFF Aviation Asのスタッフ

GRIFF Aviation Asのスタッフ

日本やアジアでは、東京都渋谷区に本拠を置くDrone Future Aviation(DFA)が総代理店となっています。DFAのウェブサイトでは、操縦性を考慮してか最大ペイロードは75kg、最適ペイロードは30kgとしています。

お値段についての情報は見つかりませんでしたので、気になる人は問い合わせてみるといいでしょう。

日本の総代理店、Drone Future Aviationのウェブサイト(資料:DFA)

日本の総代理店、Drone Future Aviationのウェブサイト(資料:DFA)

これまでにない巨大さには驚かされますが、さらにビックリすることに、GRIFF135はGRIFF Aviation AS社が製造する中で

最も小型のドローン

なのです。

同社では今後、さらに大型の機体を発売する予定とのことで、2020年に詳細が公開されるとのことです。

最近はドローンを使った空飛ぶ無人タクシーの話題も、ニュースなどで見かけるようになりました。建設現場での作業に使えるパワフルなドローンも、今後、増えていきそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »