土木もBIMで!「建設CALS」の反省と未来を熱く語った国交省幹部

2012年4月16日

管理人のイエイリです。

4月13日、東京・麹町で日本建設情報総合センター(JACIC)主催のセミナー「CALSの15年を振り返り、新たなステージへ~建設生産システムのイノベーションに向けて~」が開催されました。

最近、CALSの話題もあまり盛り上がっていませんでしたが、会場は約250人の参加者で超満員でした。

その理由はきっと、

 

往年のCALSプレーヤー

 

が大集合したこともあるでしょう。

例えば、当時の建設省技術調査室で建設CALSを推進した木下誠也さん(現・愛媛大学教授)や、CAD図面の電子納品基準で使われている「SXF形式」の開発に携わった関西大学教授の田中成典さんをはじめ、1997年以降、日本土木工業協会(現・日本建設業連合会)のCALS検討ワーキンググループで活動している佐藤郁さん、建設コンサルタンツ協会CALS/EC委員会の藤澤泰雄さんなどが顔をそろえました。

 20120416-image2.jpg  20120416-image9.jpg

当時の建設省技術調査室で建設CALSを推進した木下誠也さん(左)と、当時、日経BP社のウェブサイトに掲載された建設CALSセミナーの記事(写真:家入龍太。以下、同じ)

 20120416-image3.jpg  20120416-image4.jpg
“建設CALSプレーヤー”たちが勢ぞろい
 20120416-image5.jpg  20120416-image12.jpg
会場は約250人の参加者で超満員(左)。1998年当時のパワーポイントも登場(右)

1995年に出版された「CALS-米国情報ネットワークの脅威」(石黒憲彦、奥田耕士共著。日刊工業新聞社)という著書をきっかけに、建設省(当時)は1996年に建設CALSの実証フィールド実験を開始し、1997年6月に2004年を目標とするアクションプログラムを発表しました。

当時の建設CALSもBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)と同様に、建設情報の電子化によって業務のワークフローを改革し、生産性向上を目指して始まりました。そしてご存じのように、CALS/ECアクションプログラムに従って電子入札の実施や、CAD図面、工事写真などの電子納品、情報化施工の実施などが行われてきました。

この15年間を振り返って木下さんは「パーツとしての技術は進んだ。しかし、仕事のやり方や執行プロセスなど、全体を統合した改革には至っていない」と率直に語りました。

CALSの後、国土交通省は建設生産システムをどう変えていくのでしょうか。基調講演を行った国交省技監の佐藤直良さんは、

 

土木もBIMの発想

 

を発展させて、設計、施工がぶつ切りになった生産システムをつなぎ、生産性を向上していこうと熱く語りました。

 20120416-image11.jpg  20120416-image1.jpg
基調講演を行う国土交通省技監の佐藤直良さん。BIMの概念を自ら説明した
 20120416-image7.jpg  20120416-image8.jpg

土木のBIM(CIM)導入のねらい

佐藤さんは「建築分野でBIMが生産性を上げているのは、BIIMモデルの『属性情報』がポイントだ」と指摘し、「建設CALSのように基準から入るのではなく、モデル工事から始めていきたい。そして土木と建築で、用語や素材のライブラリーも統一してはどうか」という今後の方向性についての構想を語りました。

佐藤さんは「土木のBIM」のことを「CIM(シビル・インフォメーション・モデリング)」と呼んでいます。いよいよ、公共土木事業でもITによる本格的なワークフロー改革が始まるのでしょうか。今後の国交省の取り組みに注目していきたいと思います。

なお、当日、セミナーで配布された資料は、JACICのウェブサイトでダウンロードできるようになっています。 

(訂正)
当初、「CIM(シビル・インフォメーション・モデリング)」と期しておりましたが、「CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)」の誤りでした。訂正します。(4/16、22:46)

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください