価格は3分の2に!BIM/CIMソフト「Allplan日本語版」が大幅値下げ

2015年11月10日

管理人のイエイリです。

フォーラムエイトが販売している「Allplan」シリーズは、ドイツのAllplan社が開発した建築向けのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、土木向けのCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)ソフトです。

BIM用の「Allplan Architecture」と、CIM用の「Allplan Engineering」がありますが、価格がそれぞれ96万円(税別)と比較的高価だったせいもあり、その機能の割にはあまりBIM/CIM界で普及していなかった面もあります。

BIMソフト「Allplan Architecture」の3Dモデリング機能(以下の資料:フォーラムエイト)

BIMソフト「Allplan Architecture」の3Dモデリング機能(以下の資料:フォーラムエイト)

「Allplan」のプレゼンテーション機能

「Allplan」のプレゼンテーション機能

今年10月、フォーラムエイトは大きな決断をしました。最新バージョン「Allplan 2016」の日本語版の価格を

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

32万円も大幅値下げ

 

したのです。

その結果、「Allplan Architecture(日本語版)」と「Allplan Engineering(日本語版)」の価格はどちらも64万円(税別)となり、他社のBIM/CIMソフトと同じ価格レベルになりました。

最新版では、3Dモデリングのエンジン部分にシーメンスPLM社の「Parasolid 3Dカーネル」を導入して複雑な曲面を表現できるようにパワーアップしました。

レンダリング機能にはMaxon社の「Cine Render」を導入して部屋の角などの部分を暗くする「アンビエントオクルージョン」を追加しています。

部屋の角などを暗くする「アンビエントオクルージョン」(右)も追加した

部屋の角などを暗くする「アンビエントオクルージョン」(右)も追加した

ケーブルと鉄筋を組み合わせたモデルをAllplanで表示した例

ケーブルと鉄筋を組み合わせたモデルをAllplanで表示した例

さらにBIM/CIMモデル内にあるオブジェクトをリスト表示することで構成要素の把握や間違い発見などが行いやすくなる「オブジェクトナビゲーター」機能も搭載しました。

このほか、LandXMLによる地形点や平面線形のインポート、IFC構造解析モデルのエクスポート、ライノセラスやCinema4Dとのデータ連携など、BIM/CIMに対応したデータ交換機能も追加されました。

フォーラムエイトは、Allplanを同社のリアルタイム・バーチャルリアリティーソフト「UC-win/Road」や土木設計ソフト「UC-1」シリーズなどとの

 

データ連携機能

 

データ連携機能を既に開発済みです。

Allplanを中心としたフォーラムエイト製品のデータ連携機能

Allplanを中心としたフォーラムエイト製品のデータ連携機能

フォーラムエイトでは今回の値下げで、CIM市場へのさらなる普及推進を図っていく方針とのことです。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください