国交省が本気に!ドローン、ICT建機による「i-Construction」を発表

2016年4月1日

管理人のイエイリです。

国土交通省の直轄工事では、十数年前から3D設計データで建機を自動制御したり、出来形管理を行ったりする情報化施工が行われ、ここ数年はドローン(無人機)や3Dレーザースキャナーなどによる3D計測、そして3D設計ソフトで設計、施工を行うCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)が順次、導入されてきました。

こうした取り組みは、平成28年度から始まる同省の「i-Construction(アイ・コンストラクション)」政策で有機的に連携され、さらにパワーアップすることになりました。

3月30日、国交省は「新たに導入する15の基準及び積算基準について」(PDF資料)というプレスリリースを、大臣官房技術調査課、総合政策局公共事業企画調整課、国土技術政策総合研究所、そして国土地理院が共同で出しました。

副題に「平成28 年度からi-Construction で建設現場が変わります!」とあるだけに、今年度から同省がドローンを使った測量やICT建機による土工を拡大していくことがうたわれています。

3月30日に国交省が発表したプレスリリース(以下の資料:国土交通省)

3月30日に国交省が発表したプレスリリース(以下の資料:国土交通省)

ドローンやICT建機を活用したi-Constructionで現場が変わるイメージ

ドローンやICT建機を活用したi-Constructionで現場が変わるイメージ

その中身を見てビックリ! というのは2ページ目の冒頭に、規模の大きい企業を対象とする土工工事では、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

ICT活用施工を標準化

 

すると書いてあったからです。

規模の小さい地域企業を対象とする工事でも、施工者が自発的に提案する「手上げ方式」を基本とするとあり、設計も「発注者指定方式」でICT土工に対応した3D設計を行っていくそうです。

大手建設会社にとっては、ICT土工の義務付けに近く、中小の建設会社ももはや従来の丁張りを使った施工からICT土工への移行は避けられない情勢になってきたと言っても、過言ではありません。

ICT土工の発注方式のイメージ

ICT土工の発注方式のイメージ

まず、公共測量では従来からの3Dレーザースキャナーに加えて、ドローン(UAV)を使った写真測量が加わります。そして公共測量の成果に詳細な3D点群データが追加されることになりました。これで、ICT土工用の設計を行うための詳細な現況地形データが測量段階で用意されることになりますね。

UAVを公共測量に導入するイメージ

UAVを公共測量に導入するイメージ

ICT建機で施工を行ったときの出来形管理基準も、従来は40mごとに「点と線」で行ってきた管理を、点群データと設計面を比較した平均値と最大誤差により「面」で管理されるようになりました。

そして、従来、40mごとの計測結果を1枚ずつ手入力で作成していた検査書類は、点群データの検査結果をまとめた1枚の書類だけでよくなりました。2km延長の道路現場などでは検査書類が50分の1に減ることになります。

検査日数、検査書類が大幅に減るイメージ

検査日数、検査書類が大幅に減るイメージ

国交省は3DデータによるICT土工を推進するため、紙図面を前提とした基準類を変更し、15の新基準を4月から導入します。

一方、施工者にとって心配なことの1つは、ICT建機のリース料が従来型建機に比べてかなり高いことでしょう。しかし、施工者の

 

皆さん、安心してください

 

というのは、土工や法面整形工について積算基準が改定され、ICT建機によって増えるリース料や、初期導入経費の項目が追加されたからです。

その結果、1万5000m3の路体や築堤の盛り土を行う場合、従来より1割程度、積算額が増えることになります。

1万5000m3の盛り土を行った場合の試算額

1万5000m3の盛り土を行った場合の試算額

今回、国交省が15にも及ぶ基準を改定し、i-Constructionの推進に向けて動き出したスピード感と、生産性向上に向けた姿勢には正直、驚きました。いよいよ、国交省はICT導入による建設業の生産性向上に「本気」を出し始めたと言えるでしょう。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください