地下でも使える!トプコンがショベル用マシンガイダンスシステムを発売

2017年1月19日

管理人のイエイリです。

国土交通省の「i-Construction」政策で、ICT建機の需要も増えてきました。

これに対応して、トプコンはバックホーなどショベル用のGNSSマシンガイダンスシステム「X-53i」をこのほど発売しました。

GNSS(全地球測位システム)による建機自体の位置情報取得技術と、建機のアームやバケットなどの位置や角度を検知するセンサー技術を組み合わせ、運転席のモニターに法面などの3次元データとバケットの刃先位置をリアルタイムに表示させることができます。

そのため、現場に丁張りという施工の目印となる仮設標識を立てる必要がなくなり、バケットの先が見えない水面下の掘削も正確に行えます。

 

マシンガイダンスシステム「X-53i」を装着したバックホー(以下の写真、資料:トプコン)

マシンガイダンスシステム「X-53i」を装着したバックホー(以下の写真、資料:トプコン)

 

 

ショベルに取り付ける機器

ショベルに取り付ける機器

 

運転席のモニターは、従来の製品の3D-MG GNSSショベル「3Dxi」よりも大きく、見やすいカラータッチパネルとなり、

 

LEDインジケーター

 

も装備されました。そのため、直感的な操作が可能になりました。

今回発売の「X-53i」のモニター

今回発売の「X-53i」のモニター

従来の「3Dxi」のモニター

従来の「3Dxi」のモニター

モニターの表示例。仕上げ面と刃先の位置がリアルタイムに表示される

モニターの表示例。仕上げ面と刃先の位置がリアルタイムに表示される

GNSS衛星からの電波を頼りに建機の位置を割り出すマシンガイダンスシステムでは、山間部など地形によって電波が届かないところでは作業できない場合もありました。

そこで、この製品ではGNSS衛星の代わりに自動追尾トータルステーションを使って位置を計測するオプション「X-53i LPS」も用意されました。

これを使うと、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

地下現場でも使える

 

のです。

自動追尾トータルステーションを使うオプション「X-53i LPS」

自動追尾トータルステーションを使うオプション「X-53i LPS」

これがあれば、マシンガイダンスの活用範囲はぐっと広がりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください