8割の時短に!大成建設がBIMから複数の解析モデルを一発作成

2017年4月17日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)のよいところは、設計中の建物のBIMモデルを使って風や温熱環境などの解析やシミュレーションを行い、設計にフィードバックしていけることです。

しかし、解析の種類によって、使用する属性情報が異なるため、これまでは風解析用、温熱解析用など、解析用のモデルデータを個別に作っていました。

そのため、BIMから解析へというものの、モデルデータ作成時間が結構、かかっていたのです。

そこで大成建設は、解析用のモデルデータ作成時間を短縮するため、「T-BIM Environment」というシステムを開発しました。

1つのBIMモデルから、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

複数の解析モデルを一発作成

 

してくれるのです。

建物のBIMモデル(以下の資料:大成建設)

建物のBIMモデル(以下の資料:大成建設)

BIMモデルから「T-BIM Environment」作られた温熱解析用のモデル

BIMモデルから「T-BIM Environment」作られた温熱解析用のモデル

上がもとになったBIMモデルで、下が温熱解析用のモデルです。

数値解析であまり意味のない机やいすの脚、窓サッシの枠などは削除されたり、平滑化されたりと自動変換されているのが分かります。

また、解析に必要な建物形状や部材属性などの情報は、BIMモデルから自動的に抽出してくれます。

これまでは人の手で、こうした単純化や属性情報の設定を行っていたので、自動化されるだけでも効率的ですね。

そして、解析結果はBIMモデルと重ねて見ることができます。下は「タスク&アンビエント空調」という、共用部や不在席は空調を弱めにし、在席エリアは空調を強めにした例です。

机や通路の位置と解析結果を照らし合わせて見ることで、その効果がよく分かりますね。

BIMモデルと「タスク&アンビエント空調」の解析結果を重ねて表示した例

BIMモデルと「タスク&アンビエント空調」の解析結果を重ねて表示した例

さらに、熱のほか風や光、音、電磁波の解析用モデルも同様に作られるので、大きくて複雑な建物の場合、解析モデルの作成時間が

 

最大で約8割も短縮

 

することができます。

従来(左)は解析の種類ごとにモデルを作っていたが、T-BIM Environment導入後(右)は解析モデル作成時間が大幅に短縮された

従来(左)は解析の種類ごとにモデルを作っていたが、T-BIM Environment導入後(右)は解析モデル作成時間が大幅に短縮された

BIMはこれまで、デザインの美しさなどのプレゼンに効果を発揮してきましたが、これからは音や熱など「見えない部分」の見える化で勝負する時代に入ってきたのかもしれませんね。

大成建設からは「T-BIMシリーズ」「T-CIMシリーズ」のシステムが次々と発表されて、かなりのラインナップがそろっていると思われます。

このBIM/CIM資産は、少しずつ、同社の生産性向上を実現していっているにちがいありません。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください