電力なしで荷重支える!積水ハウスが上向き作業用アシストスーツも導入へ

2018年5月18日

管理人のイエイリです。

住宅工事の中でも、天井関係の施工は作業員にとって大変なものです。というのは、長時間、上向き姿勢で重い石膏(こう)ボードやドリル、サンダーなどの工具を支え続ける作業が、絶え間なく続くからです。

そこで積水ハウスは、昨日のブログ記事でご紹介したように、天井用石膏ボード張りロボットを開発していますが、さらに人間の上向き作業の大変さを軽減しようと、2018年12月から上向き作業用アシストスーツを住宅施工現場に順次、導入することになりました。

積水ハウスが2018年12月から導入する上向き作業用アシストスーツ

積水ハウスが2018年12月から導入する上向き作業用アシストスーツ

電動工具を長時間、支えるのもラクラク(特記以外の写真・資料:積水ハウス)

電動工具を長時間、支えるのもラクラク(特記以外の写真・資料:積水ハウス)

軒裏の取り付けなど継続的な上向き作業の負担を減らします

軒裏の取り付けなど継続的な上向き作業の負担を減らします

一見、ロボットスーツのようにモーターで駆動するのかと思いきや、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

電力を使わない

 

仕組みになっているのです。(積水ハウスのリリースはこちら

積水ハウスが導入するのは、米国のエクソ・バイオニクス(Ekso Bionics)社が開発した「エクソ・ベスト(Ekso Vest)」という上向き作業用アシストスーツを、積水ハウスとダイドー(本社:大阪府河内長野市)が住宅施工用に共同で改良したものです。

米国エクソ・バイオニクス社のウェブサイト(画像:Ekso Bionics)

米国エクソ・バイオニクス社のウェブサイト(画像:Ekso Bionics)

2017年10月にエクソ・ベストを住宅現場に試験導入し、さらに作業性や装着性を改良するとともに、日本人の体形にもフィットするようにサイズ幅の拡大を進めています。

このアシストスーツのメリットは、モーターなどの駆動部がないので電力を使わないことです。そのため、充電時間も必要なく、屋外でも長時間、継続的に使うことができます。

2017年10月に試験導入後、急ピッチで改良作業が続いている

2017年10月に試験導入後、急ピッチで改良作業が続いている

エクソ・ベストの使用シーン(動画:YouTubeより)

アシストスーツは、これまでもいろいろなものが開発されていますが、主に下半身に装着して、重い荷物を繰り返し持ち上げるなどの単純作業を想定したものがほとんどです。

しかし、住宅施工では躯体や軒裏の施工、天井石膏ボードの取り付け、設備工事など、様々な作業や複合的な作業があります。

そこで、積水ハウスは

 

様々な施工シーンを想定

 

し、これらに対応できるように検証を続けています。

住宅施工の様々な施工シーンを想定した検証を続けている

住宅施工の様々な施工シーンを想定した検証を続けている

腰や脚をサポートするアシストスーツは、複合的な動作が多い住宅施工には課題が多い。そこで上向き作業をサポートすることに注目した

腰や脚をサポートするアシストスーツは、複合的な動作が多い住宅施工には課題が多い。そこで上向き作業をサポートすることに注目した

積水ハウスでは、2018年12月に施工現場に導入した後、バージョンアップの検討も行う予定で、アクセサリーの追加なども視野に入れているようです。スピード感あふれる開発力にはビックリしますね。今後の進化が楽しみです。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください