人手不足をAI搭載ロボで解決へ!横浜ランドマークで警備・清掃・運搬の実証実験

2018年9月11日

管理人のイエイリです。

ビルを運営していくためには、多くの裏方さんの存在があります。

しかし、少子高齢化による生産年齢人口の減少が進む日本では今後、必要な人員を確保するのが難しくなってきそうです。

そこで三菱地所は、横浜ランドマークタワーで今、画期的な実験を行っています。

実験が行われている横浜ランドマークタワー(以下の写真:三菱地所)

実験が行われている横浜ランドマークタワー(以下の写真:三菱地所)

延べ床面積約40万m2、高さ296mという広大なこのビル内で2018年9月3日~16日までの2週間、警備、清掃、運搬の仕事に

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

AI搭載の様々なロボット

 

を導入し、人間の代わりに働かせようという実証実験なのです。(三菱地所のプレスリリースはこちら

実証実験に導入されるロボットの例

実証実験に導入されるロボットの例

まず、ランドマークタワーのオフィスフロアや商業施設のあるランドマークプラザの巡回警備を担うのは、日本のベンチャー企業、SEQSENSE社の自律移動型ロボット「SQ II」です。

3Dレーザーセンサーを活用して周囲の3次元空間を認識しながら立体地図を作成する機能を持っています。巡回のたびに立体地図を作成し、前回との差分を求めることで環境の変化を自動的に検出し、異常を発見します。

実証実験の間、実際に警備員を1人減らして、検証するそうです。ロボットの導入で無理なく減員できることがわかれば、警備の省人化に向けて大きな一歩となりそうですね。

また、清掃を担うのはカナダのAVIDBOTS社が開発し、マクニカが販売するロボット「Neo」です。自動運転によって広い範囲を無人清掃できます。

遠隔操作でリアルタイムに作業状況を確認する機能が付いており、均質な清掃品質を保ったうえで、省人化を期待できます。

そして、運搬を担うのはドイツ・Deutsche Post AG社の「PostBOT」と、フランス・Effidence社の「EffiBOT」というロボットです。

人の後について走る追尾運転機能と、無人で走行する自動走行機能を持っており

 

最大積載重量は150kg

 

と、多くの荷物を運ぶことができます。

今回の実証実験は、大勢の人が行き交う横浜ランドマークタワーの中で、ロボットを活用するための課題を洗い出し、本格導入に向けた知見を蓄積するために行われます。

三菱地所はロボット活用の先進的企業で、これまでも本社での受け付け案内業務ドローンによる地域冷暖房トンネルの点検、そしてロボット開発会社のSEQSENSE社への出資などを行ってきました。

今回の実験によって、ロボットと人間が共存する次世代型の施設運営管理の実現に、一歩近づきそうですね。そして、ビルや商業施設のデザインや設備も、ロボットにやさしい“ロボ・フレンドリー”なものになっていくのではないでしょうか。

 

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください