CIMモデルでの契約へ前進!3Dアノテーション対応ソフトが続々登場

2019年2月14日

管理人のイエイリです。

土木業界では3Dモデルで土木構造物の設計・施工内容を表現するCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)が普及してきましたが、受発注者間の契約図書としては、いまだに従来の2D図面が使われています。

せっかくCIMを使っているのに、2D図面とCIMモデルとの整合性を確認する作業などがあると、生産性向上を阻害してしまいます。

そこで国土交通省では、CIMモデルを契約図書として使えるようにするため、CIMソフトで作成した形状モデルに、寸法や構造特性、モデル管理情報を加えた「3DAモデル(3D Annotated Model)」の表記・表示方法を定めた「3次元モデル表記標準(案) 第1編 共通編」を、2018年3月に公表しました。

この中で、形状モデルに関連づけて表示する寸法や注記などを「3Dアノテーション」と呼んでいます。

3DAモデルの構成(資料:3次元モデル表記標準(案) 第1編 共通編より)

3DAモデルの構成(資料:3次元モデル表記標準(案) 第1編 共通編より)

契約図書としての3DAモデルの位置づけ(資料:3次元モデル表記標準(案) 第1編 共通編より)

契約図書としての3DAモデルの位置づけ(資料:3次元モデル表記標準(案) 第1編 共通編より)

そして、ソフトベンダー側からも、この標準案に対応したソフトを発売する動きが出てきました。

例えば、様々な土木構造物の設計に対応したソフト「UC-1設計シリーズ」を開発・販売しているフォーラムエイトは、「橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」や「開水路の設計・3D配筋」など

ナ、ナ、ナ、ナント、

シリーズ全ソフト40本以上

を3Dアノテーション対応とし、2019年3月下旬までに発売する予定なのです。(フォーラムエイトのプレスリリースはこちら

「橋台の設計・3D配筋」で作成した3DAモデル(以下5点の資料:フォーラムエイト)

「橋台の設計・3D配筋」で作成した3DAモデル(以下5点の資料:フォーラムエイト)

開水路の設計・3D配筋

開水路の設計・3D配筋

BOXカルバートの設計・3D配筋

BOXカルバートの設計・3D配筋

擁壁の設計・3D配筋

擁壁の設計・3D配筋

橋台の設計・3D配筋

橋台の設計・3D配筋

上記のソフトは既に3DA対応が完了したものの一例です。3Dモデル上で任意の視点から躯体の寸法を確認することができます。

同社のソフトは使用期間に応じて使用料を支払う「サブスクリプション」方式を採用しており、契約ユーザーは原則、無償で3DA機能を使うことができます。

このほかの動きとしては、福井コンピュータのCIMコミュニケーションシステム

TREND-CORE(トレンドコア)

にも3Dアノテーション機能が搭載されています。(TREND-COREの紹介ページ

TREND-COREの3Dアノテーション機能(資料:福井コンピュータ)

TREND-COREの3Dアノテーション機能(資料:福井コンピュータ)

こうしたソフトが増えてくると、CIMモデルを「正」とした工事契約がいよいよ実現しそうですね。そうなると、現在のようなCIMモデルから従来の書式にのっとった2D図面の作成の労力は大幅に減り、生産性がますます向上しそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください