AIで似た図面を即発見!日立がCAD図面検索システムを発売

2019年7月11日

管理人のイエイリです。

「このタイプの階段、どこかのビルで使ったよな」、「排水管をよける特殊なダクトを使ったのはどこだっけ」といった具合に、過去に描いたCAD図面を片っ端から探し回った経験はありませんか。

過去の図面を探す場合、これまでは設計者や施工者のカンや記憶に頼るしかありませんでした。

見積もりや不良の発生で、過去のCAD図面を探し回るイメージ(以下の資料:日立ソリューションズ)

見積もりや不良の発生で、過去のCAD図面を探し回るイメージ(以下の資料:日立ソリューションズ)

そんなとき、大量の図面から似た図形を瞬時に探し出してくれる強力な助っ人が登場しました。日立ソリューションズが開発し、2019年7月9日に発売した「類似図面検索AIソフトウェア」という新製品です。

その名の通り、画像認識AI(人工知能)を使って、10万枚を超えるCAD図面から似た図面や図形を

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

数秒で検索

 

してくれるのです。(日立ソリューションズのプレスリリースはこちら

AIで類似図面を検索するイメージ

AIで類似図面を検索するイメージ

この製品を使うことで、設計者は既存の図面を再利用して効率的に設計したり、不良が発生した部品や機器を使っている建物などをスピーディーに洗い出し、早期に対策をとったりといった生産性向上が図れそうです。

使い方は、ある図面を丸ごと指定して似た図面を検索できるほか、図面内の一部分を選択して、図面内に含まれている部材などを個別に検索することもできます。

検索対象のファイル形式は、PDFやJPG、PNG、TIFFなどの形式に対応できます。また、ソフトはLinux(Ubuntu 16.04)に対応しており、ユーザーはウェブブラウザーからアクセスする方式です。

図面の一部分を指定して検索した結果のイメージ

図面の一部分を指定して検索した結果のイメージ

このソフトには、他のシステムと連携するための

 

「Web API」が搭載

 

されているので、既存のCAD図面管理システムなどに、類似図面を探す機能を追加するといった使い方もできそうです。

気になるお値段ですが、個別見積もりとのこと。もともと製造業向けに開発された製品のようですが、建設分野でも使えるかもしれませんね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください