3D(736) /3Dプリンター(71) /AI(79) /BIM(710) /CAD(256) /CIM(390) /VR(54) /イベント(64) /クラウド(300) /シミュレーション(236) /スマートグリッド(49) /スマートハウス(46) /トピックス(264) /ドローン(82) /ロボティクス(198) /周辺機器(724) /建設ICT(178) /施工管理(506) /未分類(9) /省エネ(153) /経営(106) /維持管理(467) /防災(177) /
2012年1月13日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使って48時間で課題の建物を設計する仮想コンペ「Build Live Tokyo」の原型となったのが、「BIMStorm」という国際コンペです。 その創始者であるキモン・オーヌマ氏(Kimon Onuma)がこのほど来日 […].........続きを読む

2012年1月12日
管理人のイエイリです。 モバイルパソコンやタブレット端末などを持って出張先するとき、困ることが多いのがスキャナーです。 現地で入手した紙の資料を電子化したくても、スキャン機能付きの複合機を持ったコンビニや出力センターなどがなかったりします。また、枚数が多いときには料金も気になりますね。 かといって、 […].........続きを読む

2012年1月11日
管理人のイエイリです。 ソフトウエアの世界では、インターネットに接続したパソコンとWEBブラウザーがあれば様々な情報処理が行えるクラウドコンピューティングサービスが開発されています。 クラウド化の流れは、ハードウエアにも押し寄せてきました。今月、トプコンがSOKKIAブランドで発売するノンプリズム・ […].........続きを読む

2012年1月10日
管理人のイエイリです。 バーチャルリアリティー(VR)ソフトを開発・販売するフォーラムエイトは、WEBブラウザーとインターネット回線がつながったパソコンがあれば、本格的なVRが使えるようにクラウドコンピューティングサービス「VR-CLOUD」を提供しています。 また、同社では隔月で会報誌「Up&am […].........続きを読む

2012年1月6日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や3次元CADによる設計の普及とともに、建物や構造物の3Dデータから立体の模型を造形する3Dプリンターという機器が建設業界でもここ数年、使われ始めています。高さ数メートルの大きさの彫刻などを造形できる「巨大3Dプリンター」 […].........続きを読む

2012年1月5日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)界では最近、現実の風景の中にBIMモデルを合体して表示させるAR(拡張現実感)という技術の活用が始まっています。いわば、バーチャルなBIMモデルをリアルな世界に展開するようなものです。 今年はその逆に、現実の構造物を計測し […].........続きを読む

2012年1月4日
管理人のイエイリです。 明けましておめでとうございます。 今年も「建設ITワールド」をよろしくお願いします。 昨年4月にスタートした当サイトは、アクセス数、メルマガ購読者数ともに当初の2倍以上になりました。当サイトをご愛顧いただいている皆様には、心から御礼申し上げます。 さて、日ごろ、BIMや3D、 […].........続きを読む

2011年12月28日
管理人のイエイリです。 “日本のBIM元年”と呼ばれた2009年から3年目となる2011年も、あと3日を残すだけとなりました。BIMの活用分野も意匠設計から構造・設備設計、さらには施工管理や維持管理分野まで広がりつつあります。 発注者側でも国土交通省が2010年度にBIMの試 […].........続きを読む

2011年12月27日
管理人のイエイリです。 高度経済成長期に作られたインフラ施設は更新時期を迎え、劣化状態を正確に見極める必要があります。 特にコンクリートの劣化診断は、以前から目視や打音によって行われており、調査員のスキルによって診断結果がばらついたり、構造物が高い場合には足場の設置が必要だったりと、非効率でした。 […].........続きを読む

2011年12月26日
管理人のイエイリです。 アップル社の創業者としてMacintoshシリーズのコンピューターやiPod、iPhone、iPadなど、立て続けに大ヒット商品を世の中に送り出し、IT界にイノベーションの嵐を巻き起こしたスティーブ・ジョブズ氏が2011年10月5日、亡くなりました。 そのニュースは世界を駆け […].........続きを読む

2011年12月22日
管理人のイエイリです。 一戸建て住宅では、電気自動車(EV)と住宅内のHEMS(住宅用エネルギー管理システム)を連携させ、災害などでの停電時にEVのバッテリーに蓄えられた電気を使えるシステムをトヨタホームなどが発表しています。 この流れは、区分所有者の多い分譲マンションにも押し寄せてきました。三井不 […].........続きを読む

2011年12月21日
管理人のイエイリです。 40代以上の人は子供のころ、「電子ブロック」や「電子ボード」などのおもちゃで遊んだという人も多いのではないでしょうか。 トランジスタや抵抗、コンデンサーなどが入った小さなブロックを、配線図に従って基板上に並べると、ラジオやウソ発見器、雨降りアラームなどが作れるものです。 ここ […].........続きを読む

2011年12月20日
管理人のイエイリです。 バーチャルリアリティー(VR)ソフトは、まちづくりや道路計画などの完成時のイメージを再現して、合意形成などに使われるようになりました。 さらに一歩進んで事故や火災などが発生したとき、施設の管理者が的確で迅速な判断と行動がとれるように、トレーニングに使うシステムも開発されていま […].........続きを読む

2011年12月19日
管理人のイエイリです。 太陽光発電システムなどの“創エネ”機能を搭載し、余った電力を売電することにより、年間の光熱費が差し引きゼロになる「ゼロエネルギー住宅」が注目を集めています。 アキュラホームが主宰する日本最大のホームビルダーネットワーク「ジャーブネット」では、ゼロエネ住 […].........続きを読む

2011年12月16日
管理人のイエイリです。 このところ、住宅メーカーから、太陽光発電や住宅用蓄電池、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)などを装備した「スマートハウス」の新製品が続々と発売されています。 トヨタホームは11月19日に発売したスマートハウス専用住宅「since asuie(シンセ・アスイ […].........続きを読む

2011年12月15日
管理人のイエイリです。 私ごとですが、今年の11月から関西大学総合情報学部の非常勤講師として「ベンチャービジネス論」の授業を担当しています。昨日(12/14)の授業終了後、東京大学空間情報科学研究センター教授の柴崎亮介先生が「空間情報学」の特別講義を行うというので、私も飛び入り受講させてもらいました […].........続きを読む

2011年12月14日
管理人のイエイリです。 平成になって早くも23年目が暮れようとしています。平成生まれの若者にとって、インターネットもなく、パソコンもほとんど普及していなかった「昭和」の住まいや生活は、時代劇を見ているような感覚かもしれません。 メガソフトは来年4月、そんな懐かしい時代にタイムスリップして、住まいや住 […].........続きを読む

2011年12月13日
管理人のイエイリです。 太陽光発電システムは住宅・設備メーカー各社から発売されていますが、プロが設置や施工を行うのが普通でした。 この常識を覆す新製品が登場しました。 ナ、ナ、ナ、ナント、   ソーラー発電所自作キット   が発売されたのです。   Looopが発売した […].........続きを読む

2011年12月12日
管理人のイエイリです。 先週、NHKから私あてに写真提供の依頼がありました。 その内容とは、 ナ、ナ、ナ、ナント、   イタリアの巨大3Dプリンター   の写真を番組で使わせてほしいという依頼だったのです。 今年7月にイタリア・ピサを訪れたとき、リカルド・ディニさん、エンリコ・デ […].........続きを読む

2011年12月9日
管理人のイエイリです。 このところ、各種システムをインターネット上のサーバーで動かし、スマートフォンや携帯端末、低スペックのパソコンなどで利用する「クラウドコンピューティング」化が進んでいます。 その流れは、土木設計分野にも及んできました。12月1日、フォーラムエイトが発売した新製品は、 ナ、ナ、ナ […].........続きを読む

2011年12月8日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の普及が進み、建築設計事務所や建設会社の中でBIMによる設計を行う設計者も増えてきました。 組織的にBIMを活用する上で求められるのが、チームメンバーに設計業務を適切に振り分け、統合する“コントロールタワー&r […].........続きを読む

2011年12月7日
管理人のイエイリです。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や3次元CADなどのソフトベンダーである米国のベントレー・システムズ社は、世界中にパワフルなユーザーを多く抱えています。 そのユーザーが、毎年、自慢のプロジェクト事例を応募して競う「BE Inspired Award」とい […].........続きを読む

2011年12月6日
管理人のイエイリです。 立体の建物を設計する建築家も、最初のデザインは紙の上にざざっと書いたスケッチで、意匠設計の基本となるコンセプトやラインを表します。 その後、紙に書かれたスケッチから立体へと変換する過程で、イメージが変わったり、そもそも立体化が難しいスケッチだったりすることがあります。 スケッ […].........続きを読む

2011年12月5日
管理人のイエイリです。 これから本格的な冬を迎えるにあたり、雪国では積雪による道路の状態が気になります。特に夜間や雪が降っているときは、路面が凍結しているのか、シャーベットになっているのかは、運転席からはなかなか分かりません。 そこでブリヂストンは、クルマを運転しているときに路面状態の急激な変化をリ […].........続きを読む

2011年12月2日
管理人のイエイリです。 今年はBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトで作成した建物の3Dモデルをスマートフォンやタブレット端末で見られるソフトが各社から続々と発表されました。 これまで製造業で使われてきた「XVL形式」という3Dモデルデータも、建設業で使われつつあります。 ラテ […].........続きを読む

2011年12月1日
管理人のイエイリです。 免震構造の建物はいまや珍しくなくなりつつありますが、その施工には結構な手間ひまがかかっています。 地震時に免震効果をきちんと発揮させるためには、施工中に発生する建物躯体の乾燥収縮や温度ひずみ、施工時の荷重が免震装置の変形に及ぼす影響をリアルタイムに監視する必要があります。 免 […].........続きを読む

2011年11月30日
管理人のイエイリです。 昨日は、「空中都市」として知られるペルーの「マチュピチュ遺跡」を、3Dレーザースキャナーによって丸ごと3Dモデル化したバーチャルリアリティー作品をご紹介しました。 しかし、約90地点で3Dスキャナーで計測した点群データを組み合わせる作業は相当、大変だったと思います。 今日、ご […].........続きを読む

2011年11月29日
管理人のイエイリです。 インカ帝国の遺産であるマチュピチュ遺跡は、ペルーの標高2400メートルの断崖に広がり、「空中都市」、「インカの失われた都市」などと呼ばれる世界遺産です。 険しい山々に囲まれる石造建物や道の写真を見ると、誰しもが一度は現地を訪れてみたいと思うのではないでしょうか。 実際に旅行す […].........続きを読む

2011年11月28日
管理人のイエイリです。 建物の3次元モデルを使って、建物内外の風や対流現象をコンピューターで解析する熱流体解析(CFD)が、建物の環境性能を高めるために使われています。 しかし、空調の吹き出し口やエアコンなどから、どんな方向にどんな風速の風が吹き出してくるのかを設定するのは、非常に面倒でした。時には […].........続きを読む

2011年11月25日
管理人のイエイリです。 クルマを持っていないマンションの住民が、ちょっとかさばる買い物をしたり、交通の便が悪い場所に出掛けたりするとき、手軽にクルマを借りられるカーシェアリングシステムが近くにあると便利ですね。 短距離の利用が多い場合だと、従来のガソリン車より、電気自動車(EV)も使いたくなります。 […].........続きを読む

≪ 新しい記事
前の記事 ≫