FARO(6) /MetaMoJi(2) /NVIDIA QUADRO(1) /NYKシステムズ(2) /YSLソリューション(1) /インテリジャパン(1) /インフォマティクス(3) /エーアンドエー(8) /エーキューブ(2) /オリンパス(3) /オートデスク(30) /グラフィソフトジャパン(17) /システムメトリックス(2) /ジェイドラフ(5) /ソフトバンク コマース&サービス(1) /トップライズ(2) /トプコン(3) /ビージェーソフト(1) /フォーラムエイト(18) /ベントレー・システムズ(2) /レノボ・ジャパン(3) /建設システム(2) /日本HP(31) /未分類(9) /福井コンピュータ(2) /
2011年8月16日
事務所ビルの設計にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を活用し、意匠、構造、設備の干渉を設計段階で解決した清水建設関東支店は、Autodesk Revit Architecture (以下、Revit Architecture)で各種施工図を作成し、施工業務に活用しました。施工後の […].........続きを読む

2011年7月6日
BIM (ビルディング・インフォメーション・モデリング)のトータルな活用により建設フェーズ全体の業務プロセスを大幅に改善し、生産性向上を目指した清水建設関東支店は、Autodesk Revit Architecture を中心に意匠、構造、設備の BIM モデルを活用した施主への提案が功を奏し、事務 […].........続きを読む

清水建設関東支店生産支援部 生産支援グループのグループ長、藤咲雅巳氏は建物の受注から設計、施工、そして保全活動に至る建設フェーズ全体の業務効率をBIMで改善することを計画しました。2010 年 4 月に支店内の設計者、施工者、協力会社とともに実務者 2 名のプロジェクトチームを結成し、小規模な事務所 […].........続きを読む

2011年6月20日
東日本大震災では、これまでの想定をはるかに上回る巨大津波で多くの建物が破壊されました。 その教訓から津波による外力を想定した建物や土木構造物、そして工場や発電プラントなどの設計が求められています。独立行政法人 建築研究所と環境シミュレーションは、流体解析ソフト「e-flow DX」を活用し、世界でも […].........続きを読む

2011年4月21日
茨城県つくば市にある環境工作室一級建築士事務所には、近隣の研究機関から実験設備の新設、改修工事の検証や相談ごとが多く舞い込んできます。研究機関が必要とする実験環境を、いかに低コスト、省エネルギーで実現するかが勝負なのです。環境工作室代表取締役の児玉欽司氏は、環境シミュレーションの熱流体解析ソフト「W […].........続きを読む

2010年6月24日
奥村組は2015年にBIM推進グループを立ち上げて以来、わずか3年で35件の工事にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を活用した。オートデスクのBIMソリューションにより、精密なデジタルモックアップや施工ステップの可視化、さらにはVR(バーチャルリアリティー)、3Dプリンターを駆使 […].........続きを読む

2010年5月11日
群馬県渋川市に本社を置く南雲建設は、5台のICT建機を保有し、30人の社員がフル活用している。これらのICT建機の制御を支えているのは、トプコンのマシンコントロールシステムだ。このほかトプコンの3DレーザースキャナーやGNSS測量機器も導入し、自社の工事を効率的に進めるための“自社流i-Constr […].........続きを読む

6 / 6« 先頭...23456
≪ 新しい記事