ライナープレートの設計計算 Ver.3 リリース。切梁設置支保工、土圧を考慮しない地層対応

2012年7月2日
プログラム概要
ライン
  ライナープレート設計・施工マニュアル(H12年6月)に基づき、ライナープレート立坑の設計を行うものです。
設計者は、立坑の直径と深さ、地盤条件を入力することで、ライナープレート立坑の設計計算を容易に行うことができます。
円形断面、小判形断面、矩形断面に対応しています。
電子納品対応として、Wordファイル出力、禁止文字チェック、しおり機能等をサポートしています。
 

  関連情報
新製品紹介

3D PDF出力例

  Ver.3.00.00 改訂内容 <2012年 6月 26日リリース> 
ライン
 
  1. 支保工配置の中間部に切梁設置する型式に対応
  2. 偏土圧算定用背面土砂の単位体積重量入力に対応
  3. 土圧を考慮しない層の設定に対応
  4. 静止土圧係数を地層毎入力に対応
  5. 小判形で支保工がない形状に対応
  6. 基準値のH形鋼にリース材(孔あり)を追加

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。