控え壁式擁壁の設計計算 Ver.4リリース

2014年9月2日
プログラム概要
ライン
「控え壁式擁壁の設計計算」は、道路土工・擁壁工指針を主たる準拠基準とし、「土留擁壁・石積の設計と解説」(現代理工学出版)等に示される控え壁式擁壁の設計手法を参考として、安定計算及び許容応力度法による部材設計(竪壁、つま先版、かかと版、控え壁、接合部)を行います。
擁壁の設計」での単位幅当りの設計では不可能であった照査が可能となりました。

  Ver.4.00.00 改訂内容 <2014年 8月 27日リリース> NEW
ライン
  1. 試行くさび法の作用位置算出拡張
  2. 修正物部,岡部の算出式選択対応
  3. 土圧係数初期化時の地震規模選択
  4. 突起無筋計算
  5. 3D表示拡張
  6. 杭基礎時の底版照査(Engineer’s Studio®平板解析)(底版拡張オプション)
  プログラムの機能と特長
ライン
●底版拡張オプション


杭基礎時の平板解析に対応しました。

▲入力:平板解析用底版照査位置入力画面

 

●メイン画面の3D表示拡張


  1. 土砂、基礎地盤面、水位の描画に対応。
  2. ワイヤーフレームの表示に対応。
  3. テクスチャ設定に対応。
  4. 透過表示に対応。
  5. 各種ファイル形式(BMP,3DS,VRML,Allplan,IFC)でのエクスポートに対応。

▲メイン画面:3D表示

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。