11/25東京、「2016 Bentleyセミナー東京」を開催

2016年11月15日

【特別講演】2016 Be Inspired Awardsファイナリスト、早稲田大学嘉納研究室・大林組共同研究プロジェクト
【ユーザー事例】三菱日立パワーシステムズ様によるプラント分野での活用事例ご紹介

会場:ベルサール六本木コンファレンスセンター, 港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー9F, Japan

開催日時:2016年11月25日(金) 13:30 – 17:00

この度、「2016 Bentleyセミナー東京」を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
今回のセミナーでは、早稲田大学 創造理工学部 建築学科 嘉納 教授にご登壇頂き、2016 Be Inspired Awards ファイナリスト
に選出された嘉納研究室と大林組様との共同研究プロジェクト「点群データに基づく工事進捗の自動識別に関する研究」に
ついてご講演頂きます。さらに、三菱日立パワーシステムズ様より、プラント建設における3Dエンジニアリング、BIMでの
利用例についてご紹介頂きます。
つきましては、ぜひ、皆様のご参加を賜りたく、ご参加をお待ちしております。

【アジェンダ】
13:30 – 13:35 ご挨拶
株式会社ベントレー・システムズ 代表取締役社長 クリストファー・リュウ
13:35 – 14:35 最新のリアリティモデリングとBentleyソリューション (英日逐次通訳)
Bentley Systems, Product Sales Executive, Pascal Martinez
14:35 – 15:05 【特別講演】点群データに基づく工事進捗の自動識別に関する研究
早稲田大学 創造理工学部 建築学科 教授 嘉納 成男 様
15:05 – 15:20 休憩
15:20 – 15:50 【ユーザー事例】プラント分野での活用事例
三菱日立パワーシステムズ株式会社
エンジニアリング本部 エンジニアリング総括部 土木建築技術部 主席技師 大脇 茂弘 様
15:50 – 16:20 日本での活用事例、及びi-Constructionでの活用
株式会社みるくる  稲葉 伸二
16:20 – 16:50 ConextCaptureのデータを利用したDescartes CONNECT Edition、LumenRTのご紹介
株式会社ベントレー・システムズ シニアアプリケーションエンジニア 田端 幹彦
16:50 – 17:00 質疑応答

※内容は当日変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

このセミナーに参加されると、Bentleyインスティチュートの専門能力開発時間(PDH)と同等の3ラーニングユニット
(学習単位)を獲得できます。
これまで履修されたラーニングユニットを確認するには、 プロファイルにログインしてご確認ください。

詳細、参加登録は、ベントレー・システムズのウェブサイトで。