3Dスキャナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2017年8月7日

2017531FARO® Technologies (NASDAQ: FARO)は、3Dスキャナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤーを受賞

FAROは、2017 3D Printing Industry Awardsにおいて、念願の3Dスキャナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを発表しました。2017年5月20日、3Dprintingindustry.com主催のイベントに、3Dプリンティング関連のあらゆる分野にわたる数多くの主要な国際企業が一堂に集まりました。

3Dプリンティング業界からの専門家の呼びかけで、「新しい業界革命」をリードする3Dプリンターやスキャナーメーカー、ソフトウェア会社、コンテンツ会社、デザイナー達がロンドンの歴史のあるChelsea Old Town Hallで行われた名誉あるイベントのために集結したのです。

名誉ある3Dスキャナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤーの受賞において、競い合った候補者の皆様の水準を考えますと、当社の受賞にとても感激しております」と、Faro technologiesの北欧担当リージョナルマネージャーのDave Southamは語っています。「FAROスキャナーは特に3Dプリンティング業界には必要不可欠であり、この刺激的なグローバル分野での当社のセールスは驚異的なスピードで成長し続けています。

現在、業界で最も満足度の高い最新のFAROスキャナーに加え、新製品開発により、急速に進化する3Dプリンティング業界にFAROの技術は確実に対応できるでしょう。

3Dprintingindustry.comの編集長であるMichael Petchは、「800社を超える候補者に対して20万票を超える投票があり、受賞者も、読者によって選ばれた最終リストに残った候補者も、全て非常に素晴らしい企業です。特に競争の激しいカテゴリの中で、3Dスキャナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤーを受賞したFAROにお祝いの言葉を贈りたいと思います。

各受賞者のトロフィーは、Goldsmiths’ Craft & Design Council Awardの受賞歴のあるMorgan Morey氏によってデザイン、製作されました。Morey氏は、古代ローマの博物学者であるPliny the Elderに賞賛された、紀元前2世紀の彫刻をデザインに取り入れました。

詳しくは、FAROのウェブサイトで。