エイベックス開催のVR/AR/MRハッカソンに技術協力

2017年12月4日

オートデスク株式会社は、エイベックス株式会社が 11 月 18 日、19 日に開催した「avex-xR ハッカソン (VR/AR/MR)」に協力し、ソフトウェアの提供と技術サポート、「Autodesk 賞」の提供を行いました。

開催概要(受付終了済み):https://entertech.connpass.com/event/69545/ #avexhack

本ハッカソンは、エイベックス・グループがエンタテインメントの分野で新しい事業や、これまでなかった体験を研究・開発する目的で開催されたものです。VR/AR/MR という最新テクノロジーを活用してエンジニア、デザイナーなどの参加者およそ 70 名にエイベックス社員も加わり、数名のチームに分かれてお互いのアイデアとスキルを出し合いながら、2 日間に渡り新しい事業案が検討されました。

当社はソフトウェア「Autodesk® Maya®」、「Autodesk 3ds Max®」、「Autodesk Stingray」、「Autodesk MotionBuilder®」を希望者に提供し、3D モデルやアニメーションの作成、そしてエイベックス所属アーティストの 3D スキャンモデルの活用方法などをサポートしました。

成果発表の中では、当社も「Autodesk 賞」として事業名「HoloLens Dance Lesson」(チーム名:チーム ホロダンス) を選定。アーティストのダンスをモーション キャプチャ データ化し、これをホロレンズに表示させながら自分の姿を鏡に映し出すことで、一人でダンス トレーニングができる環境を構築した作品でした。特に Maya を使いながら、アーティストのダンスとホロレンズのデータをシンクロさせる動きを丁寧に作り上げた点を評価しました。

最優秀賞は「自由視点ミュージックビデオ (拡散も出来るよ)」(チーム名:AMATELUS WITH 桃色ドロシー)と、「アーティスト熱盛アプリ (AR)」(チーム名:西村/會田/田中)でした。

当社は今後もエンタテインメントやモノづくり、建築などの分野で、新しい表現や体験が生み出させるように支援します。

以上

詳しくは、オートデスクのウェブサイトで。