CIMソフト操作トレーニングのページを更新

2018年3月24日
建設業界における「CIM(Construction Information Modeling)」に必要なツールをまとめたパッケージとして
「Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC-C)」があります。AEC-Cは、建築、土木・インフラ業界向けの総合的なBIM/CIMパッケージとしてBIM/CIMに対応したソフトウェアおよびクラウドサービスを提供します。
3次元属性管理ツール「Navis+」は、IDSに含まれるプロジェクトレビューソフトの「Navisworks」上で動作するアドオンソフトです。
IDSで作成した3Dモデルデータに、Excelなどで編集した設計・施工・計測情報や、修繕・点検情報・画像・ドキュメントなど、
さまざまな属性情報を付与します。
料金体制
●1ソフト単体でのご注文 ●パッケージ(複数ソフト組合せ)でのご注文
トレーニング 1日コース ¥200,000-
トレーニング 2日コース ¥250,000-
トレーニング 3日コース ¥350,000-
トレーニング 4日コース ¥400,000-
Ciivl 3D ¥200,000- / 1日
Revit ¥200,000- / 1日
InfraWorks ¥100,000- / 0.5日
Navisworks ¥100,000- / 0.5日
Navis+ ¥200,000- / 1日
●テキスト込み、人数に関係なく1開催あたりの費用となります。
●0.5日分の講習はパッケージでのご注文では繰上げとなります(例:Civil 3D+InfraWorks=1.5日 → トレーニング2日間コース)。
●講習後、1ヶ月間の電話・メールサポート付き。
●講習会場が北海道外の場合、交通・宿泊費(¥150,000-)を別途頂戴致します。(講師1名の場合)
概 要
本トレーニングでは、Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC-C)から、
①AutoCAD Civil 3D ②Autodesk Revit ③Autodesk InfraWorks ④Autodesk Navisworks                     Manageの4製品と、
⑤Navis+の基本的な操作とデータ連携を、オリジナルテキストを用いて習得します。
講習内容 1. Civil 3D
- 地形データ、航空写真の読み込み、簡単な道路モデル作成
- 3次元データの編集方法、レンダリング等
2. Revit
- 簡単な構造物(橋脚)モデルの作成、鉄筋配置
3. InfraWorks
- 基本操作、上記2で作成したモデルの統合
4. Navisworks
- 干渉チェック、4D施工シミュレーション、アニメーションの作成
5. Navis+
- -3Dモデルへの属性情報の付与
対象者 Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC-C)の主要ソフトについて実務に近い活用方法を学びたい方
→Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC-C)の主要ソフト4製品と、
CTC・Navis+を加えたCIMの基本データ作成手順を一から学ぶことができます。
場 所 お客様事務所
特 典 ・講習後、1ヶ月間の電話またはメールサポート付き。
・電話サポートは平日月曜~金曜(祝祭日を除く)の営業時間内(9:00~17:00)の対応となります。
備 考 受講には、事前にArchitecture, Engineering & Construction Collection(AEC-C)をインストールしたPCをご用意していただく必要がございます。また、Navis+の受講をされる場合は、Navis+が起動するPCをご用意していただく必要がございます。
講習内容
講習で使用するソフト一覧
AutoCAD Civil3Dは、CIMをサポートする建設土木に特化した3次元設計ソフトです。
本トレーニングでは、Civil3Dの基本的な機能を使用して、現況地形データと道路線形データを作成します。
Autodesk Revitは、「ファミリ」と呼ばれる建設部品を配置することで、複雑な構造物の形状や過密鉄筋の可視化、数量算出など、2次元では表現が難しいモデルを効率的に作成できる構造物の3Dモデリングに特化したソフトです。
本トレーニングでは、Revitの基本的な機能を使用して、橋脚モデルを作成します。
InfraWorksは、モデル空間に道路・鉄道・区画や構造物を配置して、視覚的にわかりやすい3次元の計画案を作成・評価し、コンセプトデザインを効果的に伝えることができます。
本トレーニングでは、InfraWorksの基本的な機能を使用して、地形データの読み込み、道路や構造物の作成、および各種データ形式の読み込みを行い3次元の都市計画モデルを作成します。
Navisworksは地形、道路、構造物等のデータを1つのモデルの中に統合可能なソフトです。干渉チェック、4D工程シミュレーション等が可能です。
本トレーニングでは、Navisworksの基本的な機能である干渉チェックや4D工程シミュレーション、アニメーションの作成を学習します。
Navis+は、3次元モデルデータと属性情報データを紐付けし、属性情報による3次元管理を行うNavisworksのアドオンソフトです。
本トレーニングでは、作成した3次元モデルに属性情報を付与する基本操作から、属性ごとの可視化、4Dデータの設定を行います。
お問い合わせ
こちらのトレーニングに関するお問い合わせ・ご質問は、お電話またはフォームから受け付けております。
内容の確認後、折り返し担当者よりご連絡差し上げます。ご希望の人数や日程など、まずはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせ Webでのお問い合わせ
011-252-2000(代表)
[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く) バナーをクリックするとお問い合わせフォームが開きます。

詳しくは、岩崎のウェブサイトで。