UC-win/Road VRシート連携プラグイン・オプションリリース

2018年4月2日
製品概要

ライン

VRモーションシートは、ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着し、UC-win/RoadのVRシミュレーションと連動して揺動する低価格の小型3軸モーションシートです。

VRシート連携プラグイン・オプションは、UC-win/RoadとINNOSIMULATION社製の3軸モーションシート(VRシート)を連携するためのUC-win/Roadプラグインです。UC-win/Roadでシミュレーション実行時の車両挙動をリアルタイムで3軸値(Roll、Pitch、Heave)に変換しVRシートに出力します。

運転モードによるシミュレーション実行時は、UC-win/Road上の車両の加速・減速による慣性力を重力の分力を用いて疑似的に再現します。その際、モーションの可動域を考慮して、加減速による傾きを体感しづらい速度でニュートラル位置に戻す処理
(ウォッシュアウト処理)を行います。また、パラメータ設定により、モーションの細かなカスタマイズをすることが可能です。

  主な機能と特長

ライン

  • 低コストで費用対効果の高いデザイン
  • コンパクトで軽量
  • 活用方法は無限大(4Dシート、VR、レーシングシミュレーション、地震体験など)
  • 高精度でダイナミックな動き
  • VRコンテンツ準拠の(埋め込み式)インターフェースソフトウェア
  • INNOSIMULATION社製SDKでunity 、unreal エンジンと簡単に連携可能
  • 取り付けも簡単。プラグを挿して電源を入れるだけ
  • メンテナンスはほとんど不要
  • シンプルなデザイン
  • 確かな安全性
  • CV1、VIVE、Gear VRなどに対応

※仕様は予告なく変更される場合があります。

簡易なドライビングシミュレータ(ゲームコントローラによる操作)や、乗り心地評価、地震体験といった様々な用途に活用頂けます。また、本製品では1台のVRシートのみ操作可能ですが、複数台のVRシートを同時操作できるようにプラグインを別途カスタマイズすることも可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
VRシートの使用例

 

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。