次期 Vectorworks Fundamentals 2019 の搭載機能を変更

2018年8月27日

次期バージョン Vectorworks Fundamentals 2019 搭載機能変更のご案内

エーアンドエー株式会社

平素はVectorworksをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

Vectorworks開発元の製品ポリシー変更に伴い、来春発売予定の次期バージョンVectorworks Fundamentals 2019よりVectorworks Fundamentalsに搭載されている「壁」・「床」・「窓」などの一部の専門機能がデザインシリーズである「Architect」「Landmark」「Spotlight」の機能として集約されることとなりました。Vectorworks Fundamentals 2019以降、専門機能を継続して利用する場合は、デザインシリーズのモジュール製品を追加する必要がございます。

Fundamentalsにて専門機能をご利用のユーザ様には、重要な内容となっておりますので、事前にご案内させていただきます。

  1. デザインシリーズとは、Architect・Landmark・Spotlightの総称です。

変更される製品ポリシー

対象 Vectorworks Fundamentals 2019(次期バージョン)
内容 壁・床・窓をはじめとする一部の専門機能の削除

詳しい機能のリストはこちらをご覧ください。                                     


キャンペーンのご案内

  • Vectorworks Fundamentals Service Select契約者向け 「モジュール追加キャンペーン」

    Service Selectを契約しているFundamentalsユーザ向けにArchitect / Landmark / Spotlightのモジュールを優待価格でご提供するキャンペーン

  • Vectorworks Fundamentals 2015/2016/2017ユーザ向け「グレードアップキャンペーン」

    バージョンアップと同時にモジュールの追加とService Select契約を行うと、バージョンアップとArchitect/Landmark/Spotlightのモジュールを優待価格でご提供するキャンペーン

キャンペーン詳細につきましては、準備が整い次第ご案内させていただきます。いましばらくお待ちください。

本件に関するお問い合わせ

エーアンドエー株式会社 営業部受付時間 平日 9:00~12:00/13:00~17:30

TEL:03-3518-0131 / email:market@aanda.co.jp

詳しくは、エーアンドエーのウェブサイトで。