「みちびき」のサービスが開始されました

2018年11月5日

日本版GPS「みちびき」のサービスが11月1日より開始されました。 当社は、初号機打ち上げ前から、「みちびき」が拓く高精度測位時代に向け、 積極的に関与し、自動走行をはじめとした数多くの実証実験に参画すると同時に、 高精度測位の実証実験に活用できるツールを提供してきました。 また、みちびきの補強信号で実現される、PPP(高精度単独測位)の位置情報と、 高精度な地理空間情報の位置のズレを整合し正しく利用する手法として セミ・ダイナミック リダクション(SD/R)の技術開発を行っています。 当社では引き続き、「みちびき」を利用した高精度測位の利用拡大に向けた技術開発及び、 事業推進を実施してまいります。

※サービスの詳細は弊社発行の「AisanSpiritsNews」No.17や、内閣府宇宙開発戦略推進事務局が運営する 「みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)」公式サイト等をご覧ください。

詳しくは、アイサンテクノロジーのウェブサイトで。