2019 CRMベストプラクティス賞 継続賞を連続受賞

2019年11月5日

 

フォーラムエイト、2019 CRMベストプラクティス賞 継続賞を連続受賞
~潜在顧客育成による海外展開モデルを評価~

 

株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:http://www.forum8.co.jp)は、2019年10月、一般社団法人 CRM協議会主催「2019 CRMベストプラクティス賞」を受賞しました。今回で5回目となり、昨年に引き続き継続賞も受賞しました。この賞は、正しいCRM導入プロセスを通して日本に「顧客中心主義経営(CRM)」を実現することを目指し、CRMで成果を上げている企業や組織を表彰するものです。

本年は、海外営業において、大学、研究機関、行政等と協力し、イベントやセミナー招待等を通じて利用経験者を育成することで「潜在層」を開拓し、ブランド構築とCRMの実践で着実に「海外顧客」として定着させた「潜在顧客育成による海外展開モデル」が評価されました。

これまでには、UC-1開発サポートにおける顧客中心主義が評価された「CRM奨励賞」(2014年)の受賞にはじまり、顧客中心主義経営のいっそう高度かつ継続的な活動が評価された「高度技術と顧客ニーズの融合モデル」(2015年)、新たに導入したサブスクリプションサービスの運用・案内や、製品デモンストレーション活動の強化、操作ガイダンスの改良に取り組んだ「サブスクリプション等のサービス体系移行モデル」(2016年)、開発部門において、土木・建設用CADの紹介セミナーやユーザー会合に開発担当者が出向くなど、ユーザーとの対話強化を実践した「開発者と業界ステークホルダーとの対話強化モデル」(2017年)で連続受賞しました。

昨年は、2015年の受賞以降積み重ねてきた活動に加えて、人事・総務部門で従業員向けのマネジメントシステム(ERM)を導入し、全社一丸となったCRM提供体制の確立・強化に取り組んだ「人事システム連携型CRMモデル」が評価され、CRMベストプラクティス賞       継続賞を受賞しています。
今年度は10拠点ある営業拠点の地方創生、国土強靭化に資する企業活動にCRM展開を進めてまいります。

【受賞理由(要約)】
毎年重点部門を変えながら全社へのCRMコンセプト浸透を進めて来た同社は、2015年サポート・サービス、2016年に営業、2017年には開発部門、2018年は人事・総務部門と、国内全部門への展開で逐次成果を出し、本年は海外営業部門、海外拠点での展開を推し進めた。また、海外営業では、大学、研究機関、行政等と協力し、イベントやセミナー招待等を通じて利用経験者を育成することで「潜在層」を開拓。ブランド構築とCRMの実践で着実に「海外顧客」として定着させている。【表彰式・特別講演・事例発表】
日時:2019年10月29日(火)
場所:東京アメリカンクラブ(東京都港区麻布台)

 

▲表彰式の様子 ▲CRMベストプラクティス賞
トロフィー

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。