イエイリ・ラボからのお知らせ

2019年3月18日
時代が求める建設ICTパーソン像 建設とICTは、これまではいわば水と油のようなものでした。同じ理系でも建築・土木系に進む人と、情報工学や電子工学方面へ進む人の知識やスキルはまったく別モノでしたからね。しかし、これから社会に必要とされる建設ICTパーソンは、それらの知識とスキルなどをバランスよく持っ […].........続きを読む

2019年3月5日
建設ITジャーナリスト、家入龍太による最新刊『図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み[第2版]』が、秀和システムより発刊されました。 BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)は、建物の3次元モデルに、「コスト」や「仕上げ」「管理」などのデータを追加したデータベースを、設計・施工か […].........続きを読む

2019年2月26日
「建設ICTをほめて育てる」がわたくしイエイリのポリシーです。しかし、ほめるためには、ポジティブな面もネガティブな面も見る必要があります。そこで今回は、建設ICTの現状を直視し、再認識していただきたいという思いを込めて、建設ICTの普及を阻む要因をあえて提示していきたいと思います。 では、建設ICT […].........続きを読む

前編では、次の3つのICTを阻む要因を取り上げました。 1 現場の職人のレベルが高すぎる問題 2 組織上層部のICTへの理解がない問題 3 組織内でICTの導入目的を見失う問題 ひきつづき後編でも、その要因を探っていきましょう。 4 お役所の仕事が非効率すぎた問題 いわずとしれた“お役所仕事”ですね […].........続きを読む

2019年2月5日
2019年に普及しそうな新技術は? さて、2018年の振り返りから、今回は2019年の予想をしてみたいと思います。 1 3Dコンクリートプリンター、いよいよ普及へ 3Dコンクリートプリンターはこれまで海外で資材が不足した状態で仮設住宅をつくったり、スラム街化を防ぐために安価での家をつくったり、橋を架 […].........続きを読む

2019年1月28日
2018年の建設ICTは何があった? 2019年の建設ICT界を占う……前に、2018年の建設ICTで目立ったトピックを振り返ってみましょう。 まず最初のキーワードは、“スマホ”です。 振り返りにあたり、私が運営するサイト「建設ITワールド」のブログの年間アクセス数を集計しました。その1位は……意外 […].........続きを読む

2018年12月24日
2018年12月28日~2019年1月6日の間、建設ITブログと建設ITワールドマガジンを休止させていただきます。この間もご用件はメールにて随時、受け付けておりますので、当サイトの「お問い合わせコーナー」などからご連絡ください。 建設ITワールド発行人 家入龍太.........続きを読む

2018年12月17日
「建設の匠」に連載中の家入龍太のやさしい建設ICT講座が更新されました。建物を工場で作るモジュラーコンストラクションの現場や、世界で導入が進む建設ロボットの活躍を動画が見てみましょう。 モジュラーコンストラクションは【03】建設ICTのグローバル事情【前編】で 建設ロボットは【03】建設ICTのグロ […].........続きを読む

2018年11月26日
ヒューマンタッチが運営するウェブサイト「建設の匠」の建設ICTコーナーで、「家入龍太のやさしい建設ICT講座」の連載が始まりました。インタビュー形式の記事ですので、いつも話しているような感じで気楽にしゃべってます。お気軽にお読みください。 11月26日現在、下記の記事が公開されています。 【01】建 […].........続きを読む

2018年11月19日
国土交通省が推進する「i-Construction」は、これまでドローンやICT建機・測量機、3D・CIMソフトの活用など技術的な面に注目されてきました。 その一方では、i-Conによる生産性向上効果を生かして、「完全週休2日制の実現」や、総合評価を主体とした「選別受注体制の構築」、「3Dモデル内製 […].........続きを読む

2 / 3123
« 前ページへ次ページへ »