操作を動画で説明!iPadで読む無料の「BIM実践講座」が登場

2012年2月16日

管理人のイエイリです。

CADの入門書では、線を引いたり、伸ばしたりといった操作手順を、コマ送り画面のように説明するのが一般的です。しかし、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の3次元的な操作になると、なかなか表現するのが難しい場合がありますね。

そこで、意匠設計用BIMソフト「Vectorworks」を発売するエーアンドエーでは、画期的なBIM入門者用のテキストを作成し、昨日(2/15)、同社が運営するウェブサイト「Vectorworks BIMlog」上で無料公開を始めました。

その名も「Vectorworks BIM実践講座」というもので、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

iPadで読む電子書籍

 

なのです。

 20120216-image4.jpg

iPadで読む電子書籍「Vectorworks BIM実践講座」(写真:家入龍太。以下同じ)

エーアンドエーは建築設計関連書籍やCAD教育教材、会計入門書などの電子書籍シリーズ「A&A Books」を開発。今回のBIM実践講座はその第一弾となるものです。

早速、私もダウンロードしてみました。まず、iPadには電子書籍を見るための「iBooks」という無料アプリをインストールしておく必要があります。

続いて、パソコンのWEBブラウザーで、「Vectorworks BIMlog」上にある「Vectorworks BIM実践講座」のページにアクセスすると、BIM実践講座の表紙が見えます。これをパソコンにダウンロードすると「PracticalBIM2011.ibooks」という名前の電子書籍ファイルになります(Windowsの場合)。

 20120216-image1.jpg

Vectorworks BIMlogのサイトにある「Vectorworks BIM実践講座」(資料:エーアンドエー)

その後、iPadをパソコンに接続し、iTunesを通じて「PracticalBIM2011.ibooks」をiPadに同期すればOKです。

iPadでiBooksを起動させると本棚にBIM実践講座がありますので、これをタップすると講座が立ち上がります。

 20120216-image3.jpg  20120216-image8.jpg

起動中の「Vectorworks BIM実践講座」(左)と目次(右)

後は指で画面をスクロールしたり、目次をタップしたりすると本のような感覚でページをめくっていくことができます。CADの解説書は、細かい線やアイコンなどがあるので、モニター画面の解像度では粗すぎて見えにくいことがありますが、見たい図をタップすると大きく拡大されるので、細かいところもよく分かります。

また、ところどころに▲マークが付いた図があります。このマークをタップすると、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

図がアニメのように動き出す

 

ようになっているではありませんか。

アニメが小さくて見にくいときには、画面全体に拡大して見ることもできます。ややこしい操作手順も、アニメで見れば一目瞭然ですね。

 20120216-image5.jpg  20120216-image7.jpg  20120216-image6.jpg

▲マークのある図をタップ(左)すると、アニメのように動き出し操作手順がよく分かる

 20120216-image9.jpg
画面全体に拡大したアニメ

このBIM実践講座は、2011年6月から9月まで、「Vectorworks BIMlog」状で連載されたものです。Vectorworksの建築設計用パッケージ「Vectorworks Architect with Renderworks」を使って、PDF形式のテキストやテンプレートファイルを利用しながら、BIMを習得することができるようになっています。

全326ページの大作で、これまでのダウンロード数は、通算10万を超えているそうです。コンテンツ制作は、ビム・アーキテクツが担当しました。

「Vectorworks Designer with Renderworks 2012J」は、 デモ版も用意されています。BIMを試してみたい方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »