ドローンとAIで錆を発見!鉄塔点検を自動化する日本初のサービス

2018年11月1日

管理人のイエイリです。

携帯電話用のアンテナ用など、街中を見渡すと無数の鉄塔があります。その点検はこれまで、作業員が塔に上って目視点検するのが基本でした。

しかし、いちいち上っていたのでは人件費がかさむほか、墜落などの事故リスクがあるのも課題でした。

そこでセンシンロボティクス(本社:東京都渋谷区)は、ドローンを自動飛行させて鉄塔を空撮し、錆や腐食の点検結果レポートを作成する鉄塔点検パッケージ「TOWER CHECK(タワーチェック)」β版の提供を開始しましした。

錆や腐食の発見には、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

AIによる画像認識

 

を活用し、それを鉄塔の3Dモデル上に表示してくれるのです。

「TOWER CHECK」による点検結果。3Dモデル上に異常箇所を示し、空撮した写真をひも付ける(以下の資料:センシンロボティクス)

「TOWER CHECK」による点検結果。3Dモデル上に異常箇所を示し、空撮した写真をひも付ける(以下の資料:センシンロボティクス)

その特徴は、ドローンの飛行ルート設定作業がとても簡単なことです。鉄塔の点検業務に特化した制御システム(GCS:Ground Control System)を備えているため、画面上で飛行の中心点と鉄塔情報を入力するという2ステップだけで、3Dの自動飛行ルートを作成します。

するとドローンは鉄塔の周りを自動飛行しながら、搭載したカメラで鉄塔をくまなく撮影します。この技術は特許出願中とのことです、

そしてドローンが撮影した写真をAI(人工知能)のディープラーニングを応用した独自のエンジンで、錆や腐食の特徴を発見し、発生箇所を割り出します。その結果はクラウド上で管理して、鉄塔の3Dモデル上に自動的にプロットし、レポートを自動作成します。

このAIエンジンは、システム計画研究所(本社:東京都渋谷区)が開発しました。

また、ボルトの緩みなども、3Dモデルにひもづいた写真を見ることにより、近接目視と同等の点検が行えます。

「TOWER CHECK」による飛行からレポート作成までの手順

「TOWER CHECK」による飛行からレポート作成までの手順

センシンロボティクスの試算によると、このシステムを使うことで鉄塔点検のコストは従来に比べて

 

約57%も削減

 

が見込めるケースもあるとのことです。

同社ではユーザーに対してまず、自動航行設定の講習を行います。初回点検業務の際はスタッフが同行してサポートしますが、2回目以降の点検はユーザーだけで行います。

鉄塔を数多く管理する企業にとっては、点検の生産性向上に有効なソリューションとなりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »