実写に迫る質感と陰影!住友林業が高性能リアルタイムレンダリングを導入

2018年12月18日

管理人のイエイリです。

住宅の新築やリフォームで、頭を悩ませるのが壁紙や床材、家具などの内装材選びです。

小さなサンプルだと、あまり見栄えがしなかったものが、現場に張ってみると意外によかったり、光の反射で色が違ったイメージになってしまったりと、想像と実物が違うことが多々あります。

そこで、住友林業は住宅展示場やショールームで使用している新型3DCADシステムで、CGを作成するレンダリングエンジンを高性能のものに変更しました。

金属や樹脂、ガラス、布、材木など多種多様な素材の質感を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

実写に迫る品質

で、しかもリアルタイムで表現できるのです。(シリコンスタジオのプレスリリースはこちら

【Before】旧レンダリングエンジンで作成した施工イメージ(以下の資料:シリコンスタジオ)

【Before】旧レンダリングエンジンで作成した施工イメージ(以下の資料:シリコンスタジオ)

【After】高性能のレンダリングエンジン「Mizuchi」で作成した施工イメージ

【After】高性能のレンダリングエンジン「Mizuchi」で作成した施工イメージ

今回、導入されたレンダリングエンジンは建築のほかエンターテインメント、自動車などの業界向けにデジタルコンテンツを提供するシリコンスタジオ(本社:東京都渋谷区)が開発・販売しているリアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」なのです。

上の施工イメージ比較を見ると、従来のレンダリングエンジンに比べて、リアリティーが格段に向上しているのがよくわかりますね。

「Mizuchi」は材質による光の反射や拡散を物理法則に基づいた計算によってレンダリングする「PRR(Physically-based rendering)」という手法を採用しています。そのため、写真に近い質感が表現できるのです。

このほか背景を光源とみなす「イメージベースライティング」手法や、周りのものからの間接光の影響をあらかじめ計算する「ライトプローブ」という技術も導入しています。

さらに細かいところでは、物体が近接して狭くなったところ部屋の隅などに影が現れる現象を擬似的に追加する「SSAO(Screen Space Ambient Occlusion)」、水たまりやテーブルなどに周囲の風景が映り込む様子を表現する「RLR(Realtime Local Reflection)」、まぶしい光を表現する「グレア」といった機能も盛り込んでいます。

それぞれの効果をご覧ください。

狭いところに陰影をつける「SSAO On」

狭いところに陰影をつける「SSAO On」

「SSAO Off」

「SSAO Off」

風景の映り込みを表現する「RLR On」

風景の映り込みを表現する「RLR On」

「RLR Off」

「RLR Off」

電球や日光のまぶしさを表現する「グレア On」

電球や日光のまぶしさを表現する「グレア On」

「グレア Off」

「グレア Off」

間接光の表現は難しいですが、「ライトプローブ」はあらかじめ設定されているテンプレートに従って最適な場所に自動的に配置されるため

専門的な知識なし

で使えます。

こんなリアルなレンダリングが、リアルタイムで作れる時代になったとは驚きですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »