都市全体をデジタルツイン化!ベントレーが2社買収でソリューション強化

2019年10月25日

管理人のイエイリです。

2019年10月21日から24日まで、シンガポールで開催されている米ベントレー・システムズ主催のイベント「Year in Infrastructure 2019」(以下、YII2019)では、「デジタルツイン」(デジタルの双子)が大きなテーマになっています。

街並みのデジタルツイン化について講演する米ベントレー・システムズCEOIのグレッグ・ベントレー(Greg Bentley)氏(写真:家入龍太)

街並みのデジタルツイン化について講演する米ベントレー・システムズCEOIのグレッグ・ベントレー(Greg Bentley)氏(写真:家入龍太)

実物の建物や構造物、工事現場などを、3Dモデルや時間軸を入れた4Dモデルで表現し、コンピューターの力を借りてシミュレーションや最適でムダのない設計・施工・運用・維持管理を行おうというものです。

その規模は、建物や構造物単体から、大学のキャンパスなどへと広がり、さらには

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

都市全体をデジタルツイン化

 

する「デジタル・シティーズ(Digital Cities)」まで広がっています。(ベントレーシステムズの英文リリースはこちら

フィンランドの首都ヘルシンキのデジタルツイン(資料:Courtesy of City of Helsinki)

フィンランドの首都ヘルシンキのデジタルツイン(資料:Courtesy of City of Helsinki)

その方法論も、だんだん確立されてきました。

同社はドローンや飛行機によって空撮した写真から、シャープな3Dモデルを作る「ContextCapture」というソフトを開発・販売しています。

空撮写真だけだと、路面やビルのファサードが波打った3Dモデルになってしまいます。

そこで、ベルギーのオービット・ジオスペーシャル・テクノロジーズ(Orbit Geospatial Technologies)を買収し、空撮写真に加えて地上型レーザースキャナーや移動式のMMS(モービルマッピングシステム)で計測した点群データを入れて3Dモデル化することにより、非常に高精度な3Dモデルを簡単に作るという方法を開発しました。

航空写真だけだと道路やビルのファサードが波打ってしまう(左)が、地上で計測した点群データと一緒に処理することで非常に高精度の3Dモデルができる(右)(資料:Courtesy of Bentley Systems)

航空写真だけだと道路やビルのファサードが波打ってしまう(左)が、地上で計測した点群データと一緒に処理することで非常に高精度の3Dモデルができる(右)(資料:Courtesy of Bentley Systems)

オービットGTの技術で作成した都市の3Dモデル(資料:Courtesy of Orbit GT)

オービットGTの技術で作成した都市の3Dモデル(資料:Courtesy of Orbit GT)

さらに、都市の3Dモデルに、クルマや人の移動情報を加えるため、米国カリフォルニア州サクラメントのシティラブス(Citilabs)も買収しました。

携帯電話のGNSS情報から、クルマや人の移動情報を収集して分析する同社の「CUBE」というシミュレーション技術により、街中を行き交うクルマや人の情報も加えた

 

“生きたデジタルツイン”

 

が作れるようになりました。(2社の買収についてのベントレー・システムズの英文リリースはこちら

CitilabsのCUBEでGIS(地理情報システム)上に表した交通状況(資料:Courtesy of Citilabs)

CitilabsのCUBEでGIS(地理情報システム)上に表した交通状況(資料:Courtesy of Citilabs)

BIMの次元は、3D(立体形状)、4D(+時間軸)、5D(+コスト軸)と増えていきますが、デジタルツインではニーズに応じて人の動きや建物・構造物の様々な状態を含むことになるため、「6D」とも言われています。

建築・土木関係者は、デジタルツインを考えるとき、ハードな面だけでなく、ソフトな面も属性情報として求められることになりそうです。そこに、他業種とのコラボレーションの可能性が広がってきそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »