3Dプリンターが建機に!ドバイで世界最大の“2階建てプリント建物”が完成

2019年12月19日

管理人のイエイリです。

世界では建物などの建設に使われる大型3Dプリンターを開発する企業が続々と生まれています。

中でもエーピス・コー(apis cor)は、タワークレーンを小型化したような旋回式の3Dプリンターを開発。厳寒の地で48時間で低コスト住宅を「プリント」した企業として知られています。

エーピス・コーの旋回式3Dプリンター(以下の写真、資料:Courtesy of apis cor)

エーピス・コーの旋回式3Dプリンター(以下の写真、資料:Courtesy of apis cor)

厳寒の地で「プリント」された低コスト住宅

厳寒の地で「プリント」された低コスト住宅

同社はこのほど、この3Dプリンターを使い、ドバイで新たな建物を完成させました。その規模は2階建てで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

高さ9.5m、面積640m2

とビッグです。同社によると、3Dプリンターを使って基礎からそのまま立ち上げた“プリント建物”としては、世界最大規模とのことです。(apis cor の英文プレスリリースはこちら

ドバイで建設された世界最大の“プリント建物”

ドバイで建設された世界最大の“プリント建物”

施工時の現場全景。3Dブリンターはクレーンで移動させながら造形した

施工時の現場全景。3Dブリンターはクレーンで移動させながら造形した

建設に使われた旋回式3Dプリンター

建設に使われた旋回式3Dプリンター

それによると基礎は在来工法で造り、その上で3Dプリンターをクレーンで移動させながら壁などを造形していったそうです。造形には、「石こうベースの材料」を使いました。

造形に当たって現場をカバーで覆うことなく、温度や湿度の制御が難しい環境下で、作業を行いました。

まず1階部分を造って床となるプレキャストスラブを設置した後、その上に3Dプリンターを載せて2階部分の壁などを造形しました。

開口部の施工では、足場材を使って支えとなる型枠を設置した

開口部の施工では、足場材を使って支えとなる型枠を設置した

1階を造形後、床となるプレキャストスラブ上に3Dプリンターを移設して2階部分を造形した

1階を造形後、床となるプレキャストスラブ上に3Dプリンターを移設して2階部分を造形した

建物内部の階段

建物内部の階段

そして、注目すべきは、建物は構造計算を行って設計され、

柱には鉄筋

も入っていることです。 ここにコンクリートを打設すると、鉄筋コンクリート部材として機能します。

構造解析などを行って設計された

構造解析などを行って設計された

柱部分には鉄筋が入っている(左)。ファサードの仕上げには足場をかけて作業したようだ(右)

柱部分には鉄筋が入っている(左)。ファサードの仕上げには足場をかけて作業したようだ(右)

20191219-image12

同社はこの建物の建設過程を記録した動画「The Biggest 3d printed building」をYouTubeに公開しました。これを見ると、施工の流れがざっとわかりますよ。

エーピス・コーは今、米国・ボストンにあるオートデスク・テクノロジー・センターにオフィスを構えているようです。2020年には3Dプリンターの外販を始め、2021年には材料工場を建設予定とのこと。

“3Dプリント建設”のビジネスは、急速に拡大しているようです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »