「外国人留学生のためのJobFair2020」に行ってきました

2020年2月16日
「外国人留学生のためのJobFair2020」に行ってきました

名古屋大学で行われた「外国人留学生のためのJobFair2020」に行ってきました。その名の通り、外国人留学生向けの就職説明会です。

私個人として外に出ての採用活動は初めての体験だったこともあり、かなり気合いを入れて参加したのですが、実際にブースに顔を出してくれた学生はまばらでした。
隣りや向かいのブースには世界的にも有名な企業があり、その説明を聞くために足を運んだ学生が多かった印象です。学生からすれば当然なのですが、弊社の知名度の低さを改めて痛感しました。

また他社では、留学生から社員になった方がプレゼンターだったり、Power Pointがすべて英語だったりしたのに対して、弊社は日本人が日本語しか話せないという状況。会場にはサポートをする通訳もいらっしゃいましたが、それでもこちらの準備不足が露呈しました。

ただ、弊社にいらしてくださった留学生とは「1対1」で、相手のペースに合わせて説明でき、質問もじっくりと聞いて納得いくまで回答させていただきました。私たちからも外国の話や日本での生活を聞いたり、多くの刺激を受けた次第です。

現時点では弊社で留学生から社員になったケースはありません。そう遠くない将来に世界へ進出することを考えると、早い段階で留学生を採用しなければと改めて思わされました。

留学生一人一人と話して感じたことは「みな同じ人間」で、国籍、性別、年齢に関係なく、自らのビジョンを持つことや弊社のビジョンに共感してくれることが大事であるということでした。
—————————————————
システム開発Gr. W

詳しくは、システムメトリックスのウェブサイトで。


Translate »