タブレットで間取りから鳥かごまで!大塚商会が住宅用3Dクラウド開発

2017年11月14日

管理人のイエイリです。

住宅を扱う建築設計者の間では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)や3D設計ソフトの活用は当たり前になりつつありますが、施主の要望から設計プランを作る営業担当者にとって3Dソフトはまだまだ敷居が高い面もあるようです。

そこで大塚商会とマリエッタ(本社:東京都台東区)は、CADソフトを使った経験がない営業担当者でも、本格的な間取り図や住宅の3Dモデルを作り、プランやプレゼンテーション資料を簡単に作成できる3Dプレゼンツール「SmartHousePlanner」を開発しました。

3Dプレゼンツール「SmartHousePlanner」で作成した住宅の間取り図やCG(以下の資料:大塚商会)

3Dプレゼンツール「SmartHousePlanner」で作成した住宅の間取り図やCG(以下の資料:大塚商会)

といっても、特別なソフトをインストールする必要はありません。インターネットにつながるWindowsやMacのパソコン、iPad、Android版タブレットさえあれば

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

WEBブラウザーだけ

 

で使えるのです。

そのため、入力も非常に簡単になっています。間取り図を描くときは部屋を四角で囲み、階段や建具、設備などのパーツをドラッグして配置します。

また、建具などの細かい部分は、自動的に配置してくれます。階段の上り/下りの方向などは、回転や反転、伸縮などを自動的に行って正しく入力してくれるという親切さです。

パーツを選ぶだけで間取り図が完成する

パーツを選ぶだけで間取り図が完成する

建具は自動的に配置してくれる

建具は自動的に配置してくれる

階段の回転や反転、伸縮も自動的に行ってくれる

階段の回転や反転、伸縮も自動的に行ってくれる

そして、間取りが完成したら「モダン」、「北欧」、「ブリティッシュ」など建物スタイルから、気に入ったテイストのものを選ぶと、自動的に屋根や外装のデザインを付けて3Dモデルが完成します。

間取りが完成したら、建物タイプを選ぶだけで屋根や外装材のデザインも行ってくれる

間取りが完成したら、建物タイプを選ぶだけで屋根や外装材のデザインも行ってくれる

さらに驚くべきことは、ウオークスルーやCGによるプレゼンだけでなく、鳥かごによる

 

簡易斜線チェック

 

や寸法チェックまで行えるのです。

簡易斜線チェックの例

簡易斜線チェックの例

寸法チェックの例

寸法チェックの例

デザインや斜線などの問題をクリアした後は、数量の拾い出しを自動的に行えるので、お施主さんの気持ちが変わらないうちに、スピーディーに見積書を作成・提出できます。

数量計算書も自動的に作成できる

数量計算書も自動的に作成できる

気になるお値段ですが、初期費用が5万円(税別)、月額費用が1ユーザー当たり5000円(同)で2018年1月からサービスを開始します。

それまでは、大塚商会のウェブサイトから申し込むと、90日間無料お試しができますので、気になる人はどうぞ。

住宅業界では、コンピュータシステム研究所も先日、土地活用事業化支援システム「ROOK2(ルーク2) 」を発売しており、こちらもかなりの自動設計を行えるようになっています。

どちらのシステムも、建物スタイルを選んでデザイン作業をある程度自動化する点が共通しています。オフィスビルやビジネスホテルなどを、BIMで自動設計するシステム開発の参考になるかもしれませんね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください